開業医の経営をするコツ|成功するための極意

ウーマン

タブレットで簡単導入です

レジにposシステムを導入するメリットはわかっていても、初期費用の高さから敷居が高く感じられ、導入せず電卓機能のレジを使っているお店も多いです。posを導入すると売り上げがデータ化され、日々の帳簿も楽になります。

新規オープンの準備

女医

病院で勤務医として働く一方で、独立開業に向けて水面下で準備を進めるのが、開業医として独立するための基本です。クリニック経営に最適な物件を探したり、資金調達に向けて準備を進める必要もあるので、経営コンサルタントのサポートが不可欠です。独立を目指す医師向けにサポートを行うコンサルタントを利用すると、最短で1年以内で開業医としてデビューできるでしょう。その場合に最も大切なことはクリニックを開業するエリアの選定であり、特に患者数のシミュレーションを綿密に行うことが重要です。郊外の住宅が広がる地域は、競合するクリニックが少ない点や、賃料が割安でローコスト経営ができる点が魅力的です。一方で乗降客が多い駅の近くであれば、新規の患者だけではなくて、看護師や事務スタッフなどの人材も確保しやすいメリットが大きいです。したがってコストや人材募集なども総合的に考えて、開業医として最も仕事がしやすいエリアで、新規にクリニックを開くべきです。またエリアを決めて賃貸物件の契約を結んだ場合には、診療内容や患者のニーズに合わせて、クリニックの内装工事を行うのが次の段階です。高度な検査もクリニック内で行いたいという開業医のニーズも高まっており、レントゲンに加えてCTや内視鏡も導入するのが時代の流れです。しかし検査機器などの設備投資を行った場合には、収益性を高めるための経営努力も必要になるので、開業医向けのセミナーでノウハウを学ぶべきでしょう。

開業医として成功する

果物と歯

開業医のなかでも歯科医院は競争の激しい世界です。新規の患者獲得のためにオープン前に内覧会を行い院内やスタッフの人柄をアピールする病院がふえています。患者側としても医師の雰囲気や院内の様子を事前に知ることができ病院選びに役立ちます。

お店を開こう

お店

心斎橋の貸店舗を探すとき、不動産屋で気になる物件を見るのは、質より量です。多く貸店舗を見て回ることで心斎橋の相場を知ることができます。また、気になる貸店舗が見つかったら契約となります。外装、内装工事などが始まります。